ごあいさつ

 本校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。私は、平成31年4月1日付けで着任いたしました菊田勇雄と申します。歴史と伝統を持つ相馬高等学校の重責を担うこととなり、身の引き締まる思いであります。どうぞよろしくお願いします。また、保護者の皆様をはじめ同窓会や地域の方々には、日頃より本校教育に対しまして、ご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。

 本校は、1898(明治31)年4月に福島県第四尋常中学校として創立され、今年創立121年目を迎えた県内屈指の伝統校です。校訓「至誠」のもと、「克己」と「進取」の精神を継承し、豊かな人間性の育成を進めています。生徒は、難関大学や国公立大学などへの進学を目指し、日々学業と誠実に向き合っており、教員もまた、学力向上と「主体的・対話的で深い学び」の実現に向け、研究と実践を重ねています。平成31年度学校経営・運営ビジョンにも示しましたように、「様々な分野に有為な人材を送り出すことを目指して」、本年度も教職員力を合わせ、本校の発展と教育活動の充実に力を尽くしてまいります。

 震災から8年が経過する中、本校は昨年度から福島イノベーションコースト構想のトップリーダー育成校に指定されました。今年度は地域理解のための学習活動を進め、地域の復興・再生に貢献する人材の育成と、各分野の第一線で活躍する人材の育成をさらに進めてまいります。

 今後とも、本校の教育活動に対しまして、ご指導、ご支援をいただきますようお願い申し上げます。

                                平成31年4月15日 学校長 菊田 勇雄